<< シルビアのいる街で | main | 男と女 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2011.05.02 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    シングルマン

    0
      http://ecx.images-amazon.com/images/I/41gTbRTMUHL._SL210_.jpgシングルマン
      監督:トム・フォード
      出演:コリン・ファース/ジュリアン・ムーア/マシュー・グード/ニコラス・ホルト/ジョン・コルタジャレナ
      その日はジョージにとって特別な一日だった。16年間共に暮らしたパートナーが、交通事故で亡くなってから8ヵ月。「愛する者がいない人生に意味はあるのか?」日に日に深くなる悲しみを自らの手で終わらせようと決意したのだ。 ところが今日が人生最後の日だと決めて世界を眺めると、ほんの少しずつ違って見える。英文学を教えるLAの大学の授業では、いつになく自らの信条を熱く語り、鬱陶しいはずの隣の娘との会話で幸せを感じ、かつての恋人で今は親友のチャーリーを訪ねると、やはり孤独な彼女に胸を痛めると同時に慰められる。そして、一日の終わりには、彼の決意を見抜いていた教え子のケニーの思いがけない行動に心を揺さぶられる。 過去に生きていたジョージの瞳に、“今”が輝きだした運命の一日。果たしてその幕切れは。

      解説
      ファッションデザイナーのトム・フォードがクリストファー・イシャーウッドの同名小説を基に、自らの体験を盛り込んで映画化。亡き愛する者のもとへ旅立とうとする大学教授の一日を描く。出演は「マンマ・ミーア!」のコリン・ファース、「シェルター」のジュリアン・ムーア、「ウォッチメン」のマシュー・グード、「タイタンの戦い」のニコラス・ホルトなど...続きを読む

      ストーリー
      1962年11月30日。今日も新しい朝がやって来た。しかし、この8ヶ月間、ジョージ(コリン・ファース)にとって目覚めは、愛する者の不在を確認する苦痛に満ちた時間でしかなかった。16年間共に暮らしたジム(マシュー・グード)が交通事故で亡くなって以来、ジョージの悲しみは癒えるどころか、日に日に深くなっていた。だが、彼は自らの手でこの悲しみを終わらせようと決意する。LAの大学で英文学を教えている内省的でシニカルなジョージと、輝くような生命力とユーモアに満ち溢れた建築家のジム。正反対の性格に惹かれ合い、固い絆を結んだ最愛のパートナーのもとへと今日、旅立つのだ。大... 1962年11月30日。今日も新しい朝がやって来た。しかし、この8ヶ月間、ジョージ(コリン・ファース)にとって目覚めは、愛する者の不在を確認する苦痛に満ちた時間でしかなかった。16年間共に暮らしたジム(マシュー・グード)が交通事故で亡くなって以来、ジョージの悲しみは癒えるどころか、日に日に深くなっていた。だが、彼は自らの手でこの悲しみを終わらせようと決意する。LAの大学で英文学を教えている内省的でシニカルなジョージと、輝くような生命力とユーモアに満ち溢れた建築家のジム。正反対の性格に惹かれ合い、固い絆を結んだ最愛のパートナーのもとへと今日、旅立つのだ。大学のデスクを片付け、銀行の貸金庫の中身をカラにし、新しい銃弾を購入。着々と準備を進めるジョージであったが、一方で、今日が最後の日だと思って世界を眺めると、些細なことが少しずつ違って見えてくる。最後の授業ではいつになく自らの信条を熱く語り、講義に触発された教え子ケニー(ニコラス・ホルト)が、学校の外で話したいと追いかけてくる。彼の誘いを断って銀行に行くと、いつも騒がしい隣家の少女と偶然出会う。ジョージは少女の可憐さに始めて気付き、彼女との正直な会話に喜びさえ感じるのだった。だが、帰宅したジョージは、遺書、保険証書、各種のカギ、「ネクタイはウインザーノットで」のメモを添えた死装束……全てを几帳面にテーブルに並べる。そして銃、とその時、かつての恋人で今は親友のチャーリー(ジュリアン・ムーア)から電話が入り、ジョージは破るつもりだった約束を守って彼女の家を訪れる。夫と子供に去られて孤独な彼女の身勝手な言動に振り回されながらも、未熟で奔放だった青春時代を共にロンドンで過ごした彼女と心から笑い合うジョージ。そして、一日の終わりには、彼の決意を見抜いていたケニーの思いがけない行動にジョージは心を揺さぶられる...続きを読む

      【公開日】 2010年10月2日
      【英題】 A SINGLE MAN
      【製作年】 2009年
      【製作国】 アメリカ
      【上映時間】 101分
      【配給】 ギャガ
      【監督・脚本・製作】 トム・フォード
      【原作】 クリストファー・イシャーウッド
      【脚本】 デヴィッド・スケアス
      【製作】 クリス・ワイツ / アンドリュー・ミアノ / ロバート・サレルノ
      【撮影】 エドゥアルド・グラウ
      【音楽】 アベエル・コジェニオウスキ
      【追加音楽】 梅林茂
      【出演】 コリン・ファース /ジュリアン・ムーア /マシュー・グード /ニコラス・ホルト /ジョン・コルタジャレナ


      スポンサーサイト

      0

        • 2011.05.02 Monday
        • -
        • 14:07
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        「シングルマン」は
        トップデザイナーだったトム・フォードの初監督作品ですが
        映像、色彩、音楽、衣装等全編、彼の美学に貫かれた作品です。
        恋人を失った悲しみから、
        ついに死を決意した男の、その一日の物語…
        主人公の心模様が、そのまま色彩にも反映され見事!
        C・ファースのほとんど表情を変えずに心の機微を
        見せる その繊細な演技に改めてびっくり!
        彼を巡るマシュー・グード、
        ニコラス・ホルトの美しさといったらもう、溜め息もの!!
        心地良い音楽も最高です!
        静かな感動と、リッチな気分にも浸れる…
        監督の圧倒的な美意識と究極の演出に脱帽です!
        T・フォードの素晴らしさは、
        核になる物語…主人公の喪失感等が
        しっかり描けていて、究極の映像美はあくまで、
        それらを最大限に伝える手段であるということ…だと思います。

        近頃はT・バートン、T・ギリアム等、中身が空っぽで
        大袈裟に映像で遊んでいるだけの映画もあるなか、
        しっかり人間を見据えた珠玉の作品だと思いました。
        • 稀代のファッションデザイナー
        • 2011/03/27 1:44 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座