<< チャイナ・シンドローム | main | シルビアのいる街で >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2011.05.02 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ソラニン

    0
      ソラニンソラニン
      監督:三木孝浩
      原作:浅野いにお
      出演:宮崎あおい/高良健吾/桐谷健太/近藤洋一/伊藤歩/ARATA/永山絢斗/岩田さゆり/美保純/財津和夫
      OL2 年目の芽衣子は、バンドマンの種田と同棲しながら、互いに寄り添って東京の片隅で暮らしている。二人は不透明な未来に確信が持てないでいた。芽衣子は会社に辞表を提出、音楽の夢を持ちながらフリーターをしている種田は、バンド活動に専念することを決意する。ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが。
      予告編


      解説


      浅野いにおの同名人気コミック映画化した青春恋愛ストーリー。監督は数多くのPVを手掛け、本作が長編デビューとなる三木孝浩。出演は「劔岳 点の記」の宮崎あおい、「BANDAGE バンデイジ」の高良健吾、「ROOKIES 卒業」の桐谷健太、ロックバンド“サンボマスター”の近藤洋一、「ちゃんと伝える」の伊藤歩など...続きを読む

      ストーリー

      都内の会社に勤めるOL2年目の芽衣子(宮崎あおい)は、フリーターでバンドマンの恋人、種田(高良健吾)と付き合って6年になる。田舎から上京、大学時代に軽音サークルで知り合った二人は、多摩川沿いにある小さなアパートで一緒に暮らしていた。毎朝バイトを終えて帰ってくる種田と入れ違うように、満員電車に揺られて出勤する芽衣子。やりがいのない仕事と面倒な人間関係をやり過ごす日々に辟易していた彼女は、辞表を提出する。久しぶりに、種田がギターとボーカルを担当するバンド“ロッチ”の練習を見に行った芽衣子は、メンバーであるかつてのサークルの仲間たちと会う。今は実家の薬屋を継い... 都内の会社に勤めるOL2年目の芽衣子(宮崎あおい)は、フリーターでバンドマンの恋人、種田(高良健吾)と付き合って6年になる。田舎から上京、大学時代に軽音サークルで知り合った二人は、多摩川沿いにある小さなアパートで一緒に暮らしていた。毎朝バイトを終えて帰ってくる種田と入れ違うように、満員電車に揺られて出勤する芽衣子。やりがいのない仕事と面倒な人間関係をやり過ごす日々に辟易していた彼女は、辞表を提出する。久しぶりに、種田がギターとボーカルを担当するバンド“ロッチ”の練習を見に行った芽衣子は、メンバーであるかつてのサークルの仲間たちと会う。今は実家の薬屋を継いでいるドラムのビリー(桐谷健太)。大学に残って2留中の加藤(近藤洋一)。加藤の彼女でしっかり者のアイ(伊藤歩)は芽衣子の親友でもある。この5人が集まると、芽衣子は大学時代へいつでも戻れると感じていたが、音楽への思いを押さえこんでバイトに励む種田を見て、釈然としない思いも抱えていた。自分と種田の未来はどこへ向かっているのか……。そんな中、種田はバイトを辞めてレコーディングに集中し、今回チャンスを掴めなければバンドを解散する、と宣言。完成したデモ CDをレコード会社やライブハウスに送ったあと、種田と芽衣子は砂浜で花火を楽しむ。その後、大手レコード会社から連絡が入るが、新人開発の担当者・冴木(ARATA)が提案してきたのはグラビアアイドルのバックバンドとしてデビューという話だった。夢が破れ、再びゆるい日常に戻った種田と芽衣子。そしてまもなく、種田は芽衣子に別れを切り出す。散歩に行くと出ていったきり戻らない種田の帰りを待ちながら、芽衣子は種田が書いた曲“ソラニン”の歌詞をなぞっていた……。ある朝、何事もなかったかのように種田から電話が入る。前の会社に復帰し、働きながらバンドを続けていく覚悟を決めた種田は、芽衣子のもとへバイクを走らせ...続きを読む

      【公開日】 2010年4月3日
      【製作年】 2009年
      【製作国】 日本
      【上映時間】 126分
      【配給】 アスミック・エース
      【監督】 三木孝浩
      【原作】 浅野いにお
      【脚本】 高橋泉
      【プロデューサー】 今村景子 / 田中美幸 / 久保田修
      【撮影】 近藤龍人
      【編集】 上野聡一
      【音楽】 安井輝
      【編集】 上野聡一
      【スタイリスト】 梶雄太
      【ヘアメイク】 井川成子
      【照明】 藤井勇
      【録音】 松本昇和
      【助監督】 権野元
      【出演】 宮崎あおい 高良健吾 桐谷健太 近藤洋一 伊藤歩 永山絢斗 ARATA 岩田さゆり 美保純 財津和夫


      スポンサーサイト

      0

        • 2011.05.02 Monday
        • -
        • 14:57
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ソラニン、この映画を観るまでは宮崎あおいという名前は知っていても、どういう女優なのかも知らなかった...
        しかし彼女の演技、多彩な表情、映画の中での強い意志、彼女の魅力に完全にヤラれてしまいました。
        ストーリーや展開も良く出来ていて、劇中でギターを掻き鳴らし歌うシーンではCDデビューさせても
        よいくらいの立派なボーカルが出てました。民放のドラマに余り出てないので私のようなうつけ者は
        こんなにも存在感のある若手女優をロクに知らなかった等という事になってましたが、
        彼女曰く、「10代のころは若いだけでアイドル視される傾向があったので映画だけに出演したいというこだわりがあった」
        という理由で映画主体でのお仕事が多かったようです。この映画を見た後、彼女の作品を数点購入して観てみましたが
        どれも素晴しい仕上がりでした、闇の子供たち、陰日向に咲く、初恋、NANA、少年メリケンサック等。
        1つだけ確実に言える事は彼女の演技は素晴しく、ルックスだけじゃなく実力のある女優だという事です。
        この映画もホントに良い仕上がりだったので、宮崎あおいと言う女優に興味がある方には絶対に観てもらいたい
        作品です。
        • 浅野いにお
        • 2011/03/21 3:03 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座