| main | ソラニン >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2011.05.02 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    チャイナ・シンドローム

    0
      チャイナ・シンドロームチャイナ・シンドローム
      監督:ジェームズ・ブリッジス
      出演:ジェーン・フォンダ/ジャック・レモン/マイケル・ダグラス/スコット・ブラディ/ジェームズ・ハンプトン/ピーター・ドーナット/ウィルフォード・ブリムリーリチャード・ハード
      内容:人気TVキャスター、キンバリーはカメラマンのリチャードと、原子力発電所の取材中に恐るべき “事故”を偶然フィルムにおさめる。 しかし、TV局は何故か放送を禁止してしまう。 ベテラン技術者のジャックは、その“事故”の際の立役者となるのだが、“事故”に疑問を抱く彼は何者かに命を狙われはじめる。 そして彼らはそれぞれの立場から、背後にうごめく巨大な陰謀に迫っていく。
      http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Tqd%2BrMLUL.jpg


      解説
      テレビ局の女性キャスターが、原子力発電所を取材中に原子炉事故を目撃したことを発端とする、明日にも起こりうる悪夢を描くサスペンス・アクション映画。製作総指揮はブルース・ギルバート、製作はマイケル・ダグラス、監督は「ペーパー・チェイス」のジョームズ・プリッジズ、脚本はマイク・グレイ、T・S・クック、ジェームズ・ブリッジズ、撮影はジェームズ・クレイブ、音楽はスティーブン・ビショップ、編集はデイヴィッド・ローリンズが各々担当。出演はジェーン・フォンダ、ジャック・レモン、マイケル・ダグラス、スコット・ブラディ、ジェームズ・ハンプトン、ピーター・ドーナット、ウィルフォード・プリムリー、リチャード・ハード、ダニエル・バルデス、スタン・ボーマン、ジェームズ・カレン、ドナルド・ホットンなど...作品情報

      ストーリー
      キンバリー(ジェーン・フォンダ)は、ロサンゼルスのKXUAテレビ局の人気女性キャスターで、ある日、彼女は、カメラマンのリチャード(マイケル・ダグラス)と録音係のヘクター(ダニエル・バルデス)をともなって、ベンタナ原子力発電所の取材に出かけた。厳重なチェックを受けた3人は広報担当のギブソン(ジェームズ・ハンプトン)の案内で、取材を開始した。しかし、中心部のコントロール・センターでカメラを回そうとしたリチャードが、ギブソンに禁止だからとそれを止められる。その時突然震動が起こり大騒ぎの制御室の中で技師のジャック(ジャック・レモン)が冷静に指示を与えている。やが... キンバリー(ジェーン・フォンダ)は、ロサンゼルスのKXUAテレビ局の人気女性キャスターで、ある日、彼女は、カメラマンのリチャード(マイケル・ダグラス)と録音係のヘクター(ダニエル・バルデス)をともなって、ベンタナ原子力発電所の取材に出かけた。厳重なチェックを受けた3人は広報担当のギブソン(ジェームズ・ハンプトン)の案内で、取材を開始した。しかし、中心部のコントロール・センターでカメラを回そうとしたリチャードが、ギブソンに禁止だからとそれを止められる。その時突然震動が起こり大騒ぎの制御室の中で技師のジャック(ジャック・レモン)が冷静に指示を与えている。やがて、放射能もれがわかり、原子炉に緊急停止の命令が出された。その様子をリチャードがカメラに収める。スタジオに帰ったキンバリーは、早速プロデューサーのジヤコビッチ(ピーター・ドーナット)に、そのことを報告した。原子炉の事故は一大スクープになるはずだ。しかし、ジャコビッチは、このニュースを流すことに反対した。調査の結果、その後の発電所に異常が認められないため、運転が再開されることになるが、ただ1人、ジャックだけは不安な予感を抱いていた。発電所の近くの酒場で、ジャックはクビを言い渡されたリチャードを探していたキンバリーと出会った。リチャードは、例のフィルムをもったまま行方をくらましているのだ。キンバリーと別れたジャックは、かすかな震動を感じ、原子炉を調べにいった。やはり、ポンプの一つにもれがあった。もう少し様子をみてから運転を再開すべきだというジャックの忠告に、しかし所長は耳をかそうともしなかった。翌日、取材に出かけたキンバリーは、偶然、リチャードに会う。彼は、例のフィルムを物理学者のローウェル博士(ドナルド・ホットン)に見せにきたのだ。フィルムを見た博士は、もう少しでチャイナ・シンドロームになるところだったと断言した。チャイナ・シンドロームというのは、原子炉の核が露出した時、溶融物が地中にのめりこんでいき、地球の裏側の中国にまで達するという最悪の事故のことだ。一方、ジャックは、発電所内の各所にあるパイプ結合部のX線写真を調べているうちに、重大なミスを発見した。それは、納入業者が製品チェックの手ぬきのために、同じ写真を何枚も焼き増ししたものなのだ。事故の原因追求に悩みぬいた末、ジャックはX線写真をキンバリーに渡し、世論に真相を訴える決意をする。しかし、その頃、何者とも知れぬ者たちが動き出し、まずX線写真をとりに行ったヘクターが車ごと崖下に突き落とされ、ジャックも彼らの追跡をうけ、命をねらわれた。そこで、ジャックは残された1つの手段を決行することにした。それは、発電所の中心部にジャックが篭城し、発電所をキンバリーに取材させ、内部の異常を世間に知らせようというもので、言うことをきかなければ、核をもらすと所長を脅した。しかし、外から中心部を操作できる発電所の人間が、発電所の動きを止めたため、ジャックは射殺され、すべて酔っぱらいのたわごととしてかたづけられることになつた。しかし、キンバリーは、追求を続け、発電所内の人間の証言をとり、ニュースで事実を発表するのだった...作品情報

      【監督】ジェームズ・ブリッジス
      【製作総指揮】ブルース・ギルバート
      【製作】マイケル・ダグラス
      【脚本】マイク・グレイ/T・S・クック/ジェームズ・ブリッジス
      【撮影】ジェームズ・クレイブ
      【音楽】スティーブン・ビショップ
      【編集】デイヴィッド・ローリンズ
      【字幕】野中重雄
      【出演】ジェーン・フォンダ/ジャック・レモン/マイケル・ダグラス/スコット・ブラディ/ジェームズ・ハンプトン/ピーター・ドーナット/ウィルフォード・ブリムリー/リチャード・ハード/Daniel Valdez/Stan Bohrman/ジェームズ・カレン/Donald Hotton/Khalilah Ali


      スポンサーサイト

      0

        • 2011.05.02 Monday
        • -
        • 18:49
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        原発に対する問題提起は、この映画に始まったことでもないし、この映画の時点からほとんど状況は変わっていないという意見も尤もと思う。
        しかしながら、じゃあこの作品が必要なかったのかというとそんなことではなくて、間違いなく一般レベルにわかりやすい形で原発の怖さを教えてくれた作品だ。
        原発の怖さというよりは組織の論理の怖さと言ったほうが良いかもしれない。
        それもただ単に脅かすような映画でもなく、説教じみたプロパガンダ映画でもない。
        娯楽サスペンス・アクション映画としても立派に成り立っていてたのしめるし、なお且つ今の核問題についてもう一度考え直したくなるような訴求力のある作品だ。
        で、この後に後続の同系作品があるかと言うと無いんですね。
        いや、やっぱり同じになっちゃうからっていう意見はわからなくもないのですが、やっぱりこれは風当たりが強すぎるっていうのが本当のところじゃないのかな?
        役者は悪役も含めて皆素晴らしいけれども、特にジャック・レモンはラストシーンの壮絶なシーンでコメディでみせる演技とは別の引き出しを持っていることを印象付けていてすばらしかった。
        • キンバリー
        • 2011/03/20 6:54 PM
        福島の原発事故の状況が予断を許さず、多くの人が問題の解決に総力を尽くしている今日の時点で、真っ先に頭に浮かぶのがこの映画。スリーマイル島事故が現実に起こる以前に、原発が抱えるリスクを告発した作品だ。

        炉心溶融という最悪の事態がどういうアクシデントが重なって起こるのかがこの映画だけからでは分かりにくいのが難点。しかしながら、原発の構造の断面図が連日新聞に掲載され、原発事故が拡大するメカニズムの理解を不幸にも多くの人が共有するに至った今、この作品のつき付ける諸課題が古くなっていないことを痛感する。

        地震・津波という天災が主原因となった福島の事故と本作で起こり得た事故を比較するのはナンセンスかもしれないが、大組織の隠蔽体質と戦う技術者の良心、マスコミの的確な報道に頼らなければならない状況に違いはない。その技術者、マスコミのニュース・キャスターに扮するJ.レモンとJ.フォンダが彼らのキャリアの中で一番輝いて見える作品だ。
        • ジャック・レモン
        • 2011/03/20 6:54 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座